常設展示 臨時展・特別展

よみとりりょう:1303

2022/02/22

吾家東坡——「蘇軾書法全集」(四十五册) 図録特別展

蘇軾は宋代の文芸分野における光り輝く真珠です。その偉大さと活力で時代をリードし、過去に大きな影響を与え、現在を照らしています。中国書法史において、「宋四家」の筆頭である蘇軾は非常に代表的な書家で、文人書家の中でも代表的な存在でした。

欧(欧陽修)、蔡(蔡襄)を伝承し、黄(黄庭堅)、米(米芾)に影響を与える蘇軾の筆法は自らの努力で理論から実践まで書法史の新たな流派を創り上げました。蘇軾の筆法は彼の詩と同様に、中国古典文明の優雅さと美しさを体現していました。国内外の機関や個人収集家の手に所蔵されていた宝物を公共の学術ツールにするために5年間絶え間ない努力の結果、眉山市人民政府が西南大学と協力した重大文化プロジェクト「蘇軾書法全集」がまもなく公開されることになります。「蘇軾書法全集」全45冊は国内外に所蔵されている蘇軾の書跡をすべて収録しており、同類の出版物の中でこれまで最も包括的で最新の資料と最も深い研究内容を網羅する著作で、新時代の蘇軾筆法に関する新しい重大成果だと言えます。

本展は「蘇軾書法全集」の最新の成果をもとに、西南大学中国書法研究所の豊富な所蔵品を加え、学書歴程、情牽岷峨、文士之交、方外知音、書壇遺澤という5つの部分で構成されています。蘇軾の書法上の業績とその筆法の変遷を全面的に紹介すると同時に、蘇軾の日常生活や交友関係など、多くの来場者や蘇軾ファンに面白くて情感豊かな偉人の姿を展示します。東坡先生生誕985周年にあたり、その生誕を祝い、敬意を込めて本展を開催します!


1645498484455107.jpg

吾家東坡——「蘇軾書法全集」(四十五册) 図録特別展は中共眉山市党委員会宣伝部、眉山市文化ラジオテレビ観光局が主催し、眉山三蘇祠博物館、西南大学中国書法研究所、四川省玉屏山旅行資源開発有限公司が請負い、西南大学出版社が後援したものです。本展では、蘇軾の書道作品や古書文献など170点余りを中心に、学書歴程、情牽岷峨、文士之交、方外知音、書壇遺澤という5つの部分の物語を組み合わせ、蘇軾の書芸術における業績を全面的に展示しています。

1645498495563226.jpg

本展の見どころは4つあります。一、学校と地域の連携、文化的な共同構築。「蘇軾書法全集」は眉山市人民政府が西南大学と共同で行った重大文化プロジェクトであり、成都・重慶地域の双城経済圏の文化建設における重要な成果であります。今回の吾家東坡——「蘇軾書法全集」(四十五册) 図録特別展は「蘇軾書法全集」編纂チームの数年にわたる収集、整理、研究の成果を凝縮して展示するものだけでなく、西南大学中国書法研究所と眉山三蘇祠博物館の豊富な所蔵品で補完され、成都・重慶地域の学術交流と文化共創における重要な展示となるものです。二、豊かな内容、全面的な展示。本展は「学書歴程」、「情牽岷峨」、「文士之交」、「方外知音」、「書壇遺澤」という5つの部分で構成されています。蘇軾の筆法を全面的に展示すると同時に、東坡の郷土感情や書友関係から、生き生きとした真摯な偉人の姿を多くの来場者の前に披露しています。三、多様的で素晴らしき所蔵品。本展では、眉山三蘇祠博物館が所蔵する明代拓本の「蘇東坡書金剛経」、清代拓本の「三希堂法帖」、清代拓本の「蘇軾書籮池廟迎享送神詩碑」など、貴重な拓本を7セット展示します。これは眉山三蘇祠博物館が設立以来、所蔵する貴重な拓本を展示する重要な展示会です。同時に、西南大学中国書法研究所から関連展示品計37点を借用しました。その中で、徐無聞氏が校正する「西楼蘇帖」(コロタイプ)は蘇軾の書跡を年代測定する上で、編纂チームに重要な参考資料を提供しました。また、絶妙な彫刻技法がある宋代彫刻の「表忠観碑」拓本、「韓文公廟碑」拓本、珍しい「宗鑑堂法帖」、「賞雪堂真跡」などの刻帖もあります。「蘇軾書法全集」編纂チームの蘇軾に対する敬愛の念が十分に伝わっています。四、東坡先生への紀念、伝統の伝承。今年は蘇東坡の生誕985周年にあたります。 清代から蘇軾の生誕を祝う風習があります。吾家東坡——「蘇軾書法全集」(四十五册) 図録特別展を通じて、蘇軾の生誕を祝うと同時に、東坡文化を一般大衆に伝え、人々の日常生活の一部となることが期待されます。

1645498506422420.jpg


VR展示

前の章: ありません

次の章: 吾家東坡—蘇軾文物特別展